SEARCH

「要件定義」の検索結果9件

Salesforceプロジェクトの注意点④取引先の定義

2020年10月現在で私のSalesforceの導入経験が10年で約100社の実績があります。 上手くいったプロジェクトばかりではなく失敗も沢山あります。 失敗例を残すことでうちの従業員含む社内外の人の参考になれればという思いで書いています。 今日は4回目で取引先の要件定義について注意することを記載します。 取引先要件定義の方法 まずはじめにこのブログでSalesforce案件の要件定義とは従来の […]

Salesforceプロジェクトの注意点③プロジェクト体制

私の経験からSalesforce導入プロジェクトで注意する点シリーズの3回目です。 今回はプロジェクト最初の場面、主にキックオフミーティングの際に顧客に依頼するプロジェクト体制についてです。 プロジェクト体制を安易に考えてはいけません。顧客任せにしていると、プロジェクトが計画どおり進まず納期遅延やコストオーバーに発展します。 では注意点を書いていきます。 1営業マネジャーに意欲的に参加してもらう […]

Salesforceプロジェクトの注意点②要件定義の目的

久しぶりの投稿です。3か月も空いてしまいましたが、前回投稿の続きでSalesforce案件の要件定義注意点について書きます そもそも要件定義とは何をするものか? 前回の投稿でも書きましたが、従来のSI案件であれば、顧客のやりたいことを具体化してまとめ、その実現方法をざっくり考えるということだと思っています。 そのため成果物としては、「業務要求一覧」や「画面一覧」「帳票一覧」「バッチ処理一覧」「テー […]

Salesforce案件の要件定義注意点

今回からはsalesforce案件の要件定義で発生する特徴的な問題や解決方法について事例を交え書いていきたいと思います。 従来のSI案件の要件定義 従来のSIでは要件定義では基本設計書に必要なシステム化の目的や業務一覧、システム構成図などを作成されると思いますが、要件定義の目的をすごくものすごく大雑把に言うと機能一覧を作成することと考えています。 正確な見積もりが算出するという意味合いもあります。 […]

salesforceの間違った使い方④_運用コストをかけない

salesforceを活用できない会社の共通点 このブログの前の記事でsalesforceを上手く使えない会社に共通点があり、それをグループにすると次の3つに分けることができると投稿しました。 変更に対応できてない 入力されてるだけ 入力すらされない 1は特定の人(システム管理者)の努力のみで改善ができるので軽傷 2は管理する立場の人の使い方を見直すことで改善ができるが重症 3は利用者全員の使い方 […]

コストオーバー案件の原因と対策ついて①

こんにちわ。コロナの関係で自宅にいることが多くなったので、ブログを書いてない期間に溜まった反省点などを投稿していきたいと思います。 今日はコストオーバー対策についてです。 SI会社であれば常に抱える問題です。そう工数オーバーの問題です。 今回取り上げるのはsalesforceのvisualforceとapexを使った開発案件です。 salesforceから月末に一括して請求書を出力できるプログラム […]

salesforce案件の要件定義注意点

皆さん、こんにちわ。このブログはsalesforceの導入支援を行っている私が日々反省したことや嬉しかったことなどを忘れないことを目的に書いている個人的な記録です 今日は神戸に行きました。JR京都から新快速で1時間。あまりに天気がよかったので駅の写真を撮影。 本日は新しい案件のスタートです。 1回目なので業務のヒアリングです。 営業段階で現状の問題点や解決したい課題は聞いていますので要件定義の段階 […]

改正保険業法で打合せ

こんにちわ。アップオンデマンドの上嶌です。2015年の9月にホームページリニューアルに伴い、ブログもこのページに移行しました。 これから日常で感じたことや気づいたこと、面白かったことなどを情報発信していきたいと思います。 さて、今日は事務所でお客様との打合せ用の資料の準備をしていました。お客様はsalesforceを導入される保険代理店を営んでいらっしゃる企業様です。 保険代理店は2016年5月よ […]

プロフィール

上嶌昇(ウエシマノボル) 株式会社アップオンデマンド 代表取締役 昭和40年、1965年生まれ。京都市在住。 1988年京都外国語大学英米語学科卒業。アパレル小売店の全国チェーンに入社。 現場から経営企画室の本部業務も行うも、37歳の時に自己成長を求めて無謀にも全く未知の世界であるソフトハウスに転職。 単純に業務改善のプロフェッショナルになりたかっただけであり、素人が簡単にやって行けるような甘い世 […]