コロナの影響

こんにちわ。コロナ渦がますます広がってます。


先週テレワークを開始すると言いましたがそこからも情勢は悪化し、ついに休業されるお客様が現れました。


現時点で請け負っている仕事の納品をコロナ騒動が落ち着き事業再開後まで遅らせてらせてほしいとののことでした。


再開見込みがない今の状態でYesと言って良いのか? 


すでに開発はおおよそ完成しており、弊社もコストが発生しているので、着手金のような少額でもらえないだろうか?


などとかなり悩みましたが、最終的にはお客様を信じることにしました。


以前読んだ松下幸之助さんの指導者の条件という本の中に人間は疑いを持って接すると相手もそのように反応する。信頼を裏切られても本望だというくらいの気持ちで接すると以外と人は裏切らないものだと書いてあった記憶があります。


また、人はどうしても自分可愛さにより、自分の利益を優先しがちになるので、これを指導者がやってしまうと、組織がなすべきことができなくなる、だから指導者というものは自分の利益4割、他人の利益6割くくらいでかんげないといけないという話がありました。


着手金で得る小さなリスク回避よりも、営業再開後も信頼して仕事を任せていただけるようにすることが経営者としてなすべきことなのだろうと感じた次第です。


コロナ早く終息してほしい。お願い

コロナの影響

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。