「一勝九敗」を読んで経営理念の必要理由が分かった!

また書評です。最近は経営者の本にはまってます。


経営者の本を読むと迷いがなくなり悩みが減るという感覚あります。


今日読んだ本は日本の経営者で最も有名な人の一人、ファーストリテイリングの柳井さんの「一勝九敗」です。


この本は初版が2006年4月で、その時にも読んでいたのですが、あまり覚えていなかったので再読したことになります。


経営者としてやることが具体的に書かれています。業務の本です。さすがだと思います。


本の内容からも巨大企業の経営者であるにもかかわらず業務の詳細を把握し、具体的な指示を現場にまで出されていることが感じられます。その分ワンマンなんだろうなとは思います。


業種が違うが参考になったのは柳井さんが経営理念の作成した理由です。


ファーストリテイリングの経営理念は23カ条もあるそうなのですが、これを作成した理由は3点あるとのこと



従業員が増えると違った考え方の人が違ったやり方で仕事を始めるので効率が悪くなる。これを防ぎたい



人を採用する時に会社はこういう考え方だと明確に示すことができる。能力が高い人が応募にきても考え方が違うとその人にとっても会社にとってもお互い不幸になる  

会社を経営する上で最も大切なことは「どういう会社にしたいのか」と「どういう人たちと一緒に仕事をしたいのか」を明確に示すことである。会社に長く務めるようになると惰性で仕事をするようになり、何のために仕事をしているのかという原点を忘れないようにするためである


弊社はシステム開発会社ですが、システム開発未経験の人が何人かいます。


彼らは前の職業観を引きずっており、システムエンジニアとしてふさわしくないこともたまにすることがあり、「何をやっているのか」と不満に思っていたこともあるので、1の理由はまさに実感できます。


次に2ですが、現在弊社も社員の採用面接を実施している最中です。


応募にきていただいた方に業務内容は待遇などは説明できますが、会社の考え方、どういう会社にしたいのかということが説明できず、ビジョンの無いことを実感していたところでした。


この経営理念の作成理由が大きくささりました。


なので、弊社も経営理念を作成することにしました。


その内容は次回の投稿でアップいたします。


誰も楽しみにしていないとおもいますが💦




このブログはsalesforceの導入支援を行っている私が日々反省したことや嬉しかったことなどを忘れないことを目的に書いている個人的な記録です





「一勝九敗」を読んで経営理念の必要理由が分かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。