顧客との信頼関係は自社の利益確保よりも優先する

皆さん、こんにちわ。このブログはsalesforceの導入支援を行っている私が日々反省したことや嬉しかったことなどを忘れないことを目的に書いている個人的な記録です


赤字のプロジェクトは会社の大小や業種に限らずいろいろなところに存在ます。


調べたわけではありませんがシステム開発会社は結構な割合で存在するのではないかと思います。


赤字プロジェクトで検索すると原因と対策のノウハウのような記事が沢山できてきます。大体の内容は進捗管理方法の見直しであったりする記事が多いです。


経営者の立場でみると管理方法を変更しても赤字へのインパクトは少ないので記事を読む気にはならないです。


赤字を解決するには、お客様に追加でコストの負担をして頂く以外にはありません。


今週、弊社の赤字案件について保守費用の見直しと追加お見積りのお願いをしに行きました。


資料を準備しましたが所詮こちらの事情です。

ご納得いただけるかどうは不安でしたが、説明終了後に「これからも継続的にシステム修正するなどサポートもしてほしいので検討します」というお言葉をいただくことができました。


また今までコスト負担が大きな中でも丁寧なサポートをしてくれたことへの感謝の言葉もいただくことができました。


やはり、経営者として確信しました。「顧客との信頼関係の構築は自社の利益確保よりも優先する」


信頼関係があると仕事はもらえる。あとから赤字でも改善できる。しかし、信頼関係構築する前に自社の利益を確保する行動をすると顧客は離れていく。


ただずっと赤字でやり続けるわけにはいかないので、早いタイミングで信頼関係が築けるお客様かどうかを見極める必要がありますね。

顧客との信頼関係は自社の利益確保よりも優先する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。