納品後のフォローで反省

このブログはsalesforceの導入支援を行っている私が日々反省したことや嬉しかったことなどを忘れないことを目的に書いている個人的な記録です


皆さん、こんにちわ。今日は反省したことの記録です。


1週間ほど前4年近く前にsalesforceの導入支援をさせていただいたお客様より連絡がありました。お客様のシステム担当者が変更になったため、色々教えて欲しいことがあるということ、大変ありがたいお話でした。


なぜか問い合わせメールが弊社HPからの問い合わせだったので少し変だなと思っておりましたが、実際訪問してお話をお聞きしますと、弊社への連絡先が全くわからなかったとのこと。


なんとsalesforceのchatterの投稿を見て、私の投稿を見て、弊社のHPから問い合わせされたということでした。


私としては前任の方に名刺交換もしておりますしその上司の方は関係部署の方にも名刺を渡しておりましたので全く驚きです。


やはりニーズのありそうなお客様を見極め定期的に訪問なりメールなりコンタクトをしないといけないです。


salesforceを利用すると定期的に訪問していないお客様はすぐにわかります。弊社も定期訪問先リストとその最後に訪問してからの日数はすぐにわかる様になっています。


しかし、私自身がSEに近い開発の仕事をしているため、営業活動に時間が取れないことが原因だと思います。定期訪問するには人を育てることです。なかなか難しい問題です。もう10年近くこの仕事をやってますが、いつもこのことがジレンマになります。

納品後のフォローで反省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。