システム管理者のスキルアップは長い目で!

先日、プロジェクターを購入しました。
Amazonですごく安く購入することができてよかったです。
写りもバッチリで満足です。今後お客様と打ち合わせ場面で利用していきます。

img_2115

昨日、弊社がサポート契約しているお客様を訪問いたしました。

 

弊社の他のお客様同様、こちらのお客様もIT担当がいらっしゃらず、女性2名でsalesforceの運用管理をご担当され、日々ご苦労されていらっしゃいます。

 

もともとこちらのお客様は別のSIベンダーがsalesforceの導入開発等をおこなっていたのですが、信頼関係の問題から弊社に変わった経緯があります。

 

そのため、お客様のベンダーに対するイメージは不親切でコストが高いという感じでした。
IT業界に限らず、すべての職場の人間関係悪化の原因の第一はコミュニケーション不足と私は過去の経験から思っています。

 

このお客様のベンダーに対する不信感は、「要望を理解してくれない」「説明が納得(理解)できない」ということが根本的な原因のように思えました。

 

そこで弊社はコミュニケーションギャップを生み出さないためにお客様にシステム管理者として必要なノウハウを継続的に提供し、スキルアップをして頂くことを考えました。

 

半年間、定期訪問しシステム管理者向けトレーニングを行うことにしました。

 

システム管理者トレーニングは弊社が初期導入時にオプションメニューで提供しているもので100ページ以上のマニュアルもあり、このマニュアルを提示するだけでお客様に貢献できると思ったわけです。

 

ですが、実際にマニュアルを提供すると

 

「枚数が多すぎて見れません」

 

という残念な答えが、、、、、

 

%ef%bc%92
%ef%bc%93
%ef%bc%94
よくよく考えると、カスタマイズをしたことがない人にカスタマイズマニュアル、それも100ページ以上あるものを渡しても尻込みしてしまうのは当然です。

 

では、

 

「今必要な機能だけに絞って説明しましょうか?」

 

という話になることが往々にしてありますよね?

 

それは全然ダメですね。

 

システム管理者になるには100ページのマニュアルを理解してもらう以外近道はありません。

 

 
「少しずつ進めていきましょう。わらかない時はわかるまでおつきあいします」

 

これが弊社のスタンスです。

 

システム管理者のスキルアップは長い目で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。