データインポートに手間がかかる

おはようございます。昨日、salesforceの初期導入作業をご発注いただいたお客様の最終納品に行ってまいりました。

 

そこで今回導入を社内で起案いただいた営業部長さんに現時点でお困りの点や悩みをお伺いしたのですが、

 

それは

 

「データの取り込みが思ってた以上に手間がかかる」

 

ということでした。
 

こちらのお客様では基幹システムの売上実績データを毎日saleforceに取り込んで営業や分析に活用したいとのご要望があり、1回のクリックでsalesforceにデータを取り込めるようにするためにバッチファイルを作成しました。

 

salesforceにデータインポートを手動で行う場合はデータローダーというインポート用のアプリケーションを使いますが、結構クリックする回数が多く、システム担当者がいらっしゃらないような会社さんでエンドユーザーがさんが行うにはなかなかハードルが高い作業です

 

 

そのため、そのクリックする作業を全て自動化したバッチファイルを作成し、これで部長さんがデータインポートをしても簡単にできると思っていたのですが、予想に反してのご意見でした。
 

 

データインポートの作業手順としては
①基幹システムのファイルをエクスポートする
②ファイル名を所定の名前に変更し所定のフォルダに保存する
③バッチファイルをダブルクリックする
④処理結果のログファイルを確認する

 

とこれだけなのですが、よくよく部長さんのお話を聞いてみると、

 

「運用に手間がかかる」のではなく、

 

「何をやっているのわからないので不安だ」

 


ということがわかりました。

 

中堅中小クラスのお客様だと、システム部門などない会社さんがほとんどです。

 

そのため、このようなデータ連携のバッチ実行もエンドユーザーさんに覚えていただきやっていただく以外に方法はありません。

 

手順自体もファイルを指定した場所に保存しバッチファイルをクリックするという簡単なもので、手順もあれば誰でもできます。

 

ただ何をやっているかのかを分かりやすく説明することが不足していたため、お客様に不安を感じさせてしまったということだとおもいます。

 

データ連携はよくある要望なので、中堅中小向けベンダーとしては、リテラシーの低い方でも理解できるような説明は必要だと感じました。

 

データインポートに手間がかかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。