従業員を採用しました②

昨日は従業員採用について書きました。そうときまれば早速、求人票を出しにハローワークへ行きました。

 

前回、ハローワークで求人を出した時は応募者ゼロだったのですが、なぜか今回は5〜10名のご応募があり、弊社のような小企業にとっては本当にありがたい限りです。

以前、「ハローワーク経由の求職者は良い人材がいない」と知り合いから聞いていたのですが、全くそんなことはありません。そこそこ経験のあるエンジニアの方もいらっしゃいました。

 

人の話を思い込んではいけないですね。もっと早くからハローワークで求人しておけばよかったと後悔しました。

 

今回私が面接する際に重要視していたことが2点あります。

 

一つ目は、「自発的にしてくれる人かどうか」です。

 

弊社のような小企業ですと教えてくれる人はいません。そのような環境だと指示がないと動けない人だといつまでたっても仕事を覚えることができません。ルールや基準などが制約がないことを楽しんでくれるくらいの人でないと難しいです

 

二つ目は、「自分の都合より顧客の都合を優先できる人かどうか」です。

 

他社のパートナーさんと仕事をしていてよく思うことですが、顧客の要求の実現よりも自社の作業工数を優先する方がいます。開発現場において決められた範囲以上のことはやらないという人です。

 

コストオーバーするので当然かもしれませんが、大幅に範囲を超える場合は弊社でもお客様に相談いたしますが、少々範囲がオーバーすることであれば対応すべきであると思います。

 

そういう人に限って見積りは余裕を考慮して高めに作成しておいて顧客が要望すると嫌な顔をしたりするものです。

 

真剣に顧客のことを考えている人であれば開発範囲が大幅にオーバーしそうな場合は代替え案を考えたりするものです。それもしないということは自分の利益、都合を優先していると言えます。

 

お客さんにはそのような姿勢ななんとなく伝わるもので、そのような人や会社とは継続的な取引をしようとは考えないでしょう!

スキルはなくても後からいくらでも付いてきます。まずはこの2点をクリアーしているかどうかで面接させていただきました。

 

今回ご応募頂いてご希望に沿えなかった皆様、本当に申し訳ありませんでした。

まだしばらくは募集しています。

 

従業員を採用しました②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。