使えるシステムにするために_システムのカバー範囲

今日はsalesforceによる問合せ管理を検討されているお客様に対してデモを行いました。
その時にお客様との会話で気づいたことなのですが、お客様がシステムが適用される業務範囲を具体的にイメージされていないことが良く有ります。

 

一部の部署でのみの利用を想定している場合などです。
その部署だけで完結する業務だと問題ないのですが、往々にして運用開始後に問題となる場合があります。

 

例えば、SFA/CRMの導入目的の一つに売上予測の精度を高めたいという経営陣からの目的があったとします。製造業だと多いのですが、新規案件と毎月定期的に入ってくる注文があります。

 

後者の注文情報は一般的に営業マンを通してではなく事務の方むけのファックス等ではいり、そのまま製造指示となるケースが一般的で、営業マンをとおらないため、商談管理の対象外の注文となります。

 

SFAの利用目的が売上予測の実現ではなく日々の営業マンの商談と活動管理がシステムの利用目的であれば、日々の注文情報を取り込まなくても良いのですが、全社の売上予測が目的とするならば注文情報のデータ取り込みは必要条件ということになります。

 

今回のお客様は提案前の時点でその点に気づいたので良かったのですが、中小企業様と中心にご支援させて頂いている当社は今後も極力この点に注意を払い気づきを提案したいと思います。

 

使えるシステムにするために_システムのカバー範囲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。